図書館で面倒くさいなぁと思うこと

引越しの時など、本の箱詰めは結構大変なので、本は増やさないようにしています。
ですから、読みたい本があると、できれば図書館で借りられると大変助かります。

先日も、池波正太郎のエッセーなど数冊、読みたい本がでてきて、近所の図書館に出かけました。

最近は、館内のパソコンで在庫の確認ができるので便利なのですが、
読みたかった本のほとんどは他の図書館にあって予約しなければならず、すぐ読めません。


1冊だけその図書館にあったのですが、なんと「閉架図書」。
閉架図書請求をしなければなりません。

閉架図書の請求って、なんか面倒くさいんですよねぇ。
さくっと読めないところがねぇ。

かと言って、せっかく図書館に来たのに手ぶらで帰るのもなんなので、1冊面白そうなものを選んで、借りて帰りました。

図書館に行くのは、なんとも思わないのに、なぜ閉架図書請求は面倒くさいかなぁ。