顔だけ乾燥肌の人はスキンケアの見直しを

乾燥肌の人は肌内部の水分不足が原因で、肌が乾燥してしまい皮膚の表面が粉を吹いた様に白くなってしまったり、ガサガサになって痒くなってしまう事があります。体全体が乾燥している方は乾燥肌と言えますが、顔だけ乾燥している方はスキンケアの仕方を間違えている可能性があります。

顔だけが乾燥している場合は本来は乾燥肌ではない可能性が高いです。しかし、顔は年中外に露出している部分で外部からの影響を一番受けやすい部分ですので乾燥しやすくなります。少し肌がカサついていると感じた時にオイル系の乾燥肌化粧品で表面の部分だけの乾燥を防ぐケアをしていると皮脂の分泌が減ってしまい余計に乾燥が進んでしまう事があります。

肌の乾燥を防ぐ為には肌内部から水分補給をする事が大切です。洗顔の後に化粧水をたっぷりと使用して肌に浸透する様にケアする事が大切です。この時、肌を叩いたり、強い刺激を与えない様にしましょう。化粧水を肌に押し込む様にプッシュする様にします。一度に沢山の化粧水を使わず、少量の化粧水を数回に分けて浸透させると良いでしょう。

表面的な乾燥を防ぐ事は、乾燥を根本から改善している事にはなりません。間違ったスキンケアを続けていると、本来の肌の機能が失われ必要な皮脂が出なくなってしまいますので注意しましょう。